本の原稿を自分で書くか、ライターに聞き書きを依頼するか

こんにちは、大西です。

今回のテーマは、「本の原稿を自分で書くか、ライターに聞き書きを依頼するか」です。

本の原稿を自分で書けない場合は、ライターに聞き書きを依頼すれば解決します。

それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

本の原稿を自分で書く

一つ目が、本の原稿を自分で書く方法です。

普段から文章を書き慣れている方であれば、こちらの方法がおすすめです。

手順はこのようになります。

  • 原稿を書く
  • 編集者や校正者に添削してもらう
  • 原稿を手直しする
  • 再び添削してもらう
  • 原稿を手直しする
  • 再び添削してもらう
  • 原稿を手直しする

完成するまでこの繰り返しです。

かなり地道な作業が続きます。

手直しの頻度は、最初に書いた原稿の質によるので、回数がどれぐらいになるかはなんとも言えません。

メリット

  • 自分が選んだ言葉で書ける
  • 編集者に添削してもらえる

デメリット

  • 書く作業に慣れてない方にとっては大きな負担
  • 書く時間や手直しする時間がかなりかかる

ライターに聞き書きを依頼する

二つ目が、ライターに聞き書きを依頼する方法です。

あまり文章を書くことに慣れていない方であれば、こちらの方法がおすすめです。

手順はこのようになります。

  • ライターに話を聞いてもらう
  • ライターに原稿を書いてもらう
  • 原稿を添削する
  • 編集者に添削してもらう
  • ライターが原稿を手直しする
  • 再び編集者に添削してもらう
  • 再びライターが原稿を手直しする
  • 再び編集者に添削してもらう
  • 再びライターが原稿を手直しする

完成するまでこの繰り返しです。

メリット

  • 書く手間や書き直す手間を省ける
  • 空いた時間で他の大事なことができる
  • ライターが書くので読みやすくて分かりやすい原稿になる

デメリット

  • ライターに取材と原稿執筆を依頼するので費用がかかる

おすすめ

原稿を書くことに慣れていない場合は、ライターに聞き書きを依頼する方法がかなりおすすめです。

そうしないと後でつらい作業が待っていて、場合によっては発売日をずらさないといけなくなります。

というわけで今回は、「原稿を自分で書くか、ライターに聞き書きを依頼するか」というテーマで解説しました。

タイトルとURLをコピーしました