パンフレットの作り方…サイズ・印刷方法・表紙

こんにちは、大西です。

今回のテーマは、「パンフレットの作り方…サイズ・印刷方法・表紙」です。

最初に大事なポイントを抑えておくと、後の作業がスムーズになり、仕上がりが良くなります。

パンフレットを作る上で大事なポイントを解説していきます。

パンフレットの作り方…サイズ・印刷方法・表紙

何も決めずに制作を進めてしまうと、後で変更が多発して、作業が混乱してしまいます。

大事なポイントとして、6項目を挙げてみました。

  • サイズ
  • ページ数
  • 製本方法
  • 用紙
  • 表紙
  • 納品日

一つずつ掘り下げていきます。

サイズ A4か、B5か

A4とB5、どちらにしようか……

誰しも最初は迷うと思います。

こういう場合は、他のパンフレットを見てみるのが一番です。

パンフレットの一般的なサイズはA4かB5で、A4は297mm✕210mm、B5は257mm✕182mm。

特にA4はコピー用紙として使うので、サイズはイメージしやすいかと思います。

A4とB5、金額に違いはあるのだろうか……

と気になるかもしれませんが、A4とB5の印刷費はそれほど変わりません。

ところが、A4はB5よりもサイズが大きいため、文字や写真を掲載できるスペースが増えます。

そのため、情報量が少なすぎると、すかすかした印象を読者に与えるかもしれません。

逆に、写真メインのパンフレットであれば、B5よりもA4にしておいたほうが、サイズが大きいぶん、写真の印象を読者に与えることができます。

金額が変わってくるのは、サイズよりもページ数です。

ページ数

何ページにすればいいのかな……

初めてパンフレットを作るときは悩みますよね。

そういう場合も、他のパンフレットを手に取ってみて検討するのが一番です。

仮のページ数を決めてしまえば、その後は編集者に台割の作成を依頼します。

どのページにどんな要素を入れたいか、編集者に希望を伝えましょう。

やっぱり4ページ増やしたい……

もちろん、後からページ数を増やしたり減らしたりすることもできます。

ただ、ページ数を変更する場合は、なるべく早く伝えたほうが、他ページへの影響が少ないのでおすすめです。

あとは、ページ数が多ければ多いほど、制作に時間がかかるので、早めにスタートしたほうが後で困りません。

製本方法 中綴じか、無線綴じか

中綴じとはホッチキスで背を止める冊子、無線綴じとは背をのりで固めて表紙をくるむ冊子です。

無線綴じはページ数の多い冊子に向いています。

中綴じと無線綴じでは手に取ったときの印象がかなり異なるので、他の冊子を実際に手に取ってみて確かめると感触がつかめます。

用紙 コート紙か、マットコート紙か

用紙に関してはそれほど急ぎませんが、いずれ決めないといけないことの一つで、コート紙とマットコート紙のどちらかを選びます。

コート紙のほうが光沢があり、マットコート紙はコート紙よりも光沢が少なめです。

写真を鮮やかに表現したいときはコート紙、紙のざらざらした質感を出したいときはマットコート紙にします。

表紙 PP加工ありか、なしか

表紙にPP加工を施すと、写真がきれいに見えます。

ファッション誌の表紙は必ずPP加工を施していますね。

ただ、これも好みなので、ありとなし、どちらも選べます。

ちなみに、弊社の場合、表紙にPP加工のあるものとないものの両方を作ったことがあります。

というのも、PP加工なしにすると、紙のざらざらした質感を出せるからです。

納品日

納品日が分かれば、編集者がそこから逆算して、校了日、校正期間、広告締め切り、原稿締め切り、写真締め切り、ラフ確認期間などを決めることができます。

全体のスケジュールを明確にしたほうが、途中で不安にならなくて済みます。

もちろん後から納品日を変更することもできますが、前倒しになると制作がきつくなるので、最初に決める納品日は早めに設定しておいたほうが安全です。

以上、今回は「パンフレットの作り方…サイズ・印刷方法・表紙」について解説しました。

タイトルとURLをコピーしました