アクセス集中対策…新サーバーにWordPressのデータを移行

こんにちは、大西です。

今回のテーマは、「アクセス集中対策…新サーバーにWordPressのデータを移行」です。

Webサイトへのアクセスが集中すると、ページの表示が不安定になります。

Webサイトを運営する上では、ページの表示を安定させたいですよね。

そこで、アクセスが集中したときに備えて、新サーバーにWordPressのデータを移行します。

アクセス集中対策…新サーバーにWordPressのデータを移行

例えば、スポーツメディアの記事がYahoo!ニュースに掲載された場合、自社サイトへのアクセスが急増します。

もしくは、検索ボリュームの多いキーワードでGoogle検索1位に記事が掲載された場合も、自社サイトへのアクセスが急激に増えます。

アクセスが増えた!

とうれしくなる反面、Webサイトへのアクセスが集中すると、ページの表示が不安定になるので、どうにかして避けたいところ。

せっかくアクセスが増えているのに、ページを開けないと、広告の表示回数やクリック回数が減ってしまい、売上も減少してしまいます。

せっかくアクセスが増えているのに……

そのような事態を回避するために、WordPressのデータを置くサーバーのプランを変更します。

新しいサーバーにデータを移行

例えば当サイトは、さくらインターネットのレンタルサーバーを使用しています。

サービスプランの変更手順は以下のようになります。

  • 今契約しているプランを確認する。
  • 今より一つ上のグレードのプランを新たに申し込む。
  • FTPソフトを使って、今のサーバーで運営しているデータをダウンロード。
  • そのデータを、乗り換え先の新しいサーバーにアップロード。
  • メールアドレスやドメインも新しいサーバーに移す。

さくらインターネットの場合、費用は以下のとおりです。

  • 変更前 スタンダード 月額524円
  • 変更後 プレミアム 月額1,571円 ※年間一括15,714円(月払いより約2ヶ月分お得)

初期費用は1,048円かかります。

プラン変更のメリットは……?

と感じているかもしれませんが、プレミアムプランを契約すると、コンテンツブーストという機能を使えます。

ページ表示を高速化できて、アクセスが集中したときでも表示を安定させることができるので、これは魅力的です。

当サイトも一時的にアクセスが集中した影響で、ページの表示が不安定になりました。

でも、サーバーのプランを変更することで、Webサイトへのアクセスが集中したときに、ページの表示が不安定になる現象を避けられそうです。

というわけで、アクセスが集中したときに備えて、新サーバーにWordPressのデータを移行しましょう。

タイトルとURLをコピーしました