エクセルでスケジュール表を作成…テンプレートを使い回そう

こんにちは、おおにしです。

2019年〜2020年に弊社から計4冊の出版物を発行しました。

編集の仕事をかれこれ17年ほど続けています。

エクセルでスケジュール表を作るとき、毎回ゼロから作っていませんか?

ここではスケジュール表のテンプレートを簡単に作成する方法を紹介します。

エクセルでスケジュール表を作成 日付編

今回は2021年の年間スケジュール表をエクセルで作成してみます。

つまり、2021年1月1日から12月31日までのスケジュール表ということです。

▼最初に「2021/1/1」と入力します。

▼「1月1日」と自動的に表示されます。(もし表示されなかったらセルの書式を修正してみてください)

次に12月31日までの日付を入力するのですが、この際、エクセルの「連続データの作成」という機能を使うと簡単です。

  • 範囲 「列」を選択
  • 種類 「日付」を選択
  • 増加単位 「日」を選択
  • 増分値 「1」
  • 停止値 「2021/12/31」と入力

OKボタンを押すと、12月31日までの日付が自動的に入力されます。

エクセルでスケジュール表を作成 曜日編

▼続いて、「1月1日」の右隣のセルに「=TEXT(B3,”aaa”)」という数式を入力します。

B3というのは「1月1日」が入っているセルです。

数式を入力すると、曜日が自動的に入力されます。

▼今回は「金」と表示されるはずです。

次に12月31日までの曜日を入力するのですが、この際、エクセルの「フィルハンドルをダブルクリック」すると簡単です。

  • 「金」のセルを選択する
  • セルの右下に小さな■が表示される
  • そこをダブルクリックする
  • すべての曜日が自動的に入力される

あとは罫線を入れて整えて完了です。

テンプレートを使い回そう

例えば、1月〜3月のスケジュール表が欲しくなったときに、最初にこのテンプレートを作っておくと、必要な箇所をここからコピペするだけなので便利です。

スケジュール表を毎回ゼロから作る必要がなくなります。

■日刊メルマガ「作る・売る」
パンフレットやホームページなどのツールを作って、商品やサービスを販売するときのヒントをお届けする日刊メールマガジンです。ビジネスを改善させたい方は、ぜひご登録ください。メールアドレスを入力するだけです。

制作
株式会社アトランテ
タイトルとURLをコピーしました