2022年仕事納めはいつ? 2023年仕事始めはいつから?

年末年始の休みはいつからいつまでなのか?

これから仕事や休みの予定を立てたい。

そんな方のために、年末年始の休みを調べてみました。

憂鬱な年明けを回避したい方は、ぜひご覧ください。

※他の月の連休を知りたい方はこちらの記事もどうぞ

官公庁の仕事納めと仕事始めはいつ?

官公庁の休日は、「12月29日から1月3日まで」です。

その期間に合わせて、仕事納めを12月28日、仕事始めを1月4日とするケースが多いようです。

今年でいえば仕事納めが2022年12月28日(水)、来年の仕事始めが2023年1月4日(水)となります。

ただ最近は、年末年始の休みをしっかり取る会社が増えているので、さまざまなケースが考えられます。

というわけで、表にまとめてみました。

年末年始の休みをざっくり2パターンに分類してみた

まず、官公庁と同じように休みを取ると仮定します。

さらに、平日に3日休みが取れるとかなり長い練習になります。

【1】【2】
官公庁の休日に合わせて休む2022年12月26日(月)・27日(月)・28日(火)をどうにか休みにする
6連休11連休

▼表にしてみました。どうにか休みにする平日を赤字にしています。

【1】【2】
2022年12月24日(土)
12月25日(日)
12月26日(月)
12月27日(火)
12月28日(水)
12月29日(木)
12月30日(金)
12月31日(土)
2023年1月1日(日)
1月2日(月)
1月3日(火)

もし取引先が12月24日(土)から休暇に入ってしまったら、しばらく連絡が取れなくなるので、11月のうちにある程度仕事を進めておいたほうがいいでしょうね。

1月の第2月曜日は祝日「成人の日」

1月の第2月曜日は「成人の日」。おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます日です。

2023年の「成人の日」は1月9日(月祝)です。

というわけで2022年1月7日(土)〜9日(月祝)で3連休となります。

年末年始に休んだ後に3連休があるのでうれしいですね。

以上、2022年仕事納めと2023年仕事始めを紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました