パンフレットとリーフレットの違いとは…折り方まとめ

こんにちは、おおにしです。

2019年〜2020年に弊社から計4冊を発行しました。

編集の仕事をかれこれ17年ほど続けています。

初めてパンフレットやリーフレットを作るとき、作り方や折り方はイメージしづらいですよね。

  • パンフレットとリーフレットの違いが分からない。
  • どのような折り方があるのか知りたい。

そんな方のために、パンフレットとリーフレットの違いや折り方を紹介します。

リーフレットとは?

リーフレットとは、広告用や案内用に作られた一枚刷りの印刷物です。

多くは折りたたんだものを指します。

駅や商業施設など、さまざまな場所で見かけます。

小さく折りたたまれているため、A4はB5のパンフレットよりも気軽に持ち帰れます。

パンフレットとリーフレットの違い

パンフレットは複数ページで綴じられた小冊子です。

リーフレットは折りたたまれた一枚刷りの印刷物です。

ただし、折りたたまれた一枚刷りの印刷物でもパンフレットと呼ぶことがあります。

リーフレットの作り方

最初に折り方を決めて、折る位置を把握してからデザインを進めます。

データを印刷会社に送付した後は、印刷会社が印刷と折り加工を行います。

二つ折り(センター折り)リーフレット(パンフレット)

用紙を中央で折り込んだ印刷物です。

左、右の2ページに分かれ、表と裏があるため、計4ページになります。

最もシンプルな折り方です。

巻き三つ折りリーフレット(パンフレット)

用紙を左右から中央に折り込んだ印刷物です。

左、中央、右の3ページに分かれ、表と裏があるため、計6ページになります。

外三つ折りリーフレット(パンフレット)

Zの形になるように用紙を折り込んだ印刷物です。

「巻き三つ折り」と同じように、左、中央、右の3ページに分かれ、表と裏があるため、計6ページになります。

観音折りリーフレット(パンフレット)

用紙を左右から中央に折り込み、さらに中央で折り込んだ印刷物です。

表と裏で4ページずつ、計8ページになります。

まとめ

以上、パンフレットとリーフレットの違いと折り方を紹介しました。

仕上がりサイズがどんな感じになるのか、あらかじめ紙を折ってみて、確かめてから作業を進めましょう。

■日刊メルマガ「作る・売る」
パンフレットやホームページなどのツールを作って、商品やサービスを販売するときのヒントをお届けする日刊メールマガジンです。ビジネスを改善させたい方は、ぜひご登録ください。メールアドレスを入力するだけです。

制作
株式会社アトランテ
タイトルとURLをコピーしました