飲食店にホームページは必要。独自ドメインを取得して作ろう

こんにちは、大西です。

2019年〜2020年に弊社から計4冊の出版物を発行しました。

編集の仕事をかれこれ17年ほど続けています。

趣味はブログです。

飲食店を経営している方には、グルメサイトに頼らずに、ホームページを作ることをおすすめします。

それほど難しくありません。

飲食店にホームページは必要

グルメサイトは便利ですけど、よく見たら不要な情報がたくさん入ってますよね。

広告が数カ所に埋め込まれていますし、サイト内を回遊させるための別ページへのリンクがいろんなところに入っています。

行きたいお店がすでに決まっている人にとっては、グルメサイトは不親切かもしれません。

というわけで、飲食店のオーナーさんにはホームページの作成をおすすめします。

ホームページに掲載する情報

まずは、ホームページに掲載する情報をまとめてみました。

  • 店名

→最上部に目立つように入れましょう。

  • 最寄り駅
  • ジャンル
  • 予算
  • 定休日

→あるグルメサイトでは、これらの項目が店名の下に記載されています。

それだけユーザーが最初に見たい情報なんでしょうね。

このあたりは参考にしてみてもいいかもです。

  • 写真

→明るい場所で、背景がごちゃごちゃしないように、料理の写真を撮影します。

基本的な情報も忘れずに入れよう

  • お問い合わせの電話番号 予約の可否
  • 住所 アクセス
  • 営業時間 定休日
  • 予算 支払い方法
  • 席数 個室の有無 貸切の可否
  • 禁煙・喫煙
  • 駐車場
  • 空間・設備 携帯電話

SNSやグーグルマップを埋め込もう

グルメサイトにはSNSやグーグルマップを埋め込むことができません。

もちろんホームページには入れることができます。

  • お店のフェイスブック
  • お店のツイッター
  • お店のインスタグラム
  • 地図 グーグルマップを埋め込みます。

LINEのバナーも入れよう

ただ情報を見てもらうだけではもったいなので、LINEのバナーを貼って、友だち登録を促します。

そうすることで、一度限りのお客さんをリピーターにすることができます。

グルメサイトみたいに広告はいっさい入れません。

独自ドメインを取得して作ろう

できれば独自ドメインを取得して、Wordpressで作れたら理想的です。

SEOライティングを駆使してページを作り、店名検索1位を狙います。

グルメサイトが乱立して、あちこちに情報が掲載されている中、ホームページには最新の情報を必ず掲載しましょう。

情報に変更がある場合は忘れずに更新します。

■日刊メルマガ「作る・売る」
パンフレットやホームページなどのツールを作って、商品やサービスを販売するときのヒントをお届けする日刊メールマガジンです。ビジネスを改善させたい方は、ぜひご登録ください。メールアドレスを入力するだけです。

制作
株式会社アトランテ
タイトルとURLをコピーしました