ゴールデンウィークはいつからいつまで? 2021年版

ゴールデンウィークはいつからいつまでなのか?

これから仕事や休みの予定を立てたい。

そんな方のために、2021年のゴールデンウィークを調べてみました。

ゴールデンウィークはいつからいつまで? 2021年版

まず、祝日について調べてみました。

  • 4月29日(木)は「昭和の日」。激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
  • 5月3日(月)は「憲法記念日」。日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。
  • 5月4日(火)は「みどりの日」。自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。
  • 5月5日(水)は「こどもの日」。こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。

以上4つの祝日に、土日休みが加わり、連休となるわけです。

ゴールデンウィークをざっくり4パターンに分類してみた

休みの取り方が無数にあり、挙げるときりがないので、ざっくり4パターンを紹介します。

▼休み方▼休む期間▼連休の長さ
カレンダーどおりに休む5月1日(土)〜5月5日(水祝)5連休
4月30日(金)を休みにする4月29日(木祝)〜5月5日(水祝)7連休
5月6日(木)・7日(金)を休みにする5月1日(土)〜5月9日(日)9連休
4月30日(金)・5月6日(木)・7日(金)を休みにする4月29日(木祝)〜5月9日(日)11連休

というわけで、ざっくり4パターンを紹介しました。

これからゴールデンウィークの予定を立てたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました