2021年のシルバーウィークはいつからいつまで?

シルバーウィークはいつからいつまでなのか?

これから仕事や休みの予定を立てたい。

そんな方のために、2021年のシルバーウィークを調べてみました。

2021年のシルバーウィークはいつからいつまで?

まず、祝日について調べてみました。

9月20日(月)は「敬老の日」。多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日です。

9月23日(木)は「秋分の日」。祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日です。

以上2つの祝日に、土日休みが加わり、連休となるわけです。

シルバーウィークをざっくり4パターンに分類してみた

休みの取り方が無数にあり、挙げるときりがないので、ざっくり4パターンを紹介します。

【1】カレンダーどおりに休む
【2】9月24日(金)をどうにか休みにする
【3】9月21日(火)・22日(水)をどうにか休みにする
【4】9月21日(火)・22日(水)・24日(金)をどうにか休みにする

▼表にしてみました。

【1】【2】【3】【4】
9月18日(土)
9月19日(日)
9月20日(月)
9月21日(火)
9月22日(水)
9月23日(木)
9月24日(金)
9月25日(土)
9月26日(日)

【1】9月18日(土)〜9月20日(月祝)→3連休
【2】【1】の3連休、さらに9月23日(木祝)〜9月26日(日)→4連休
【3】9月18日(土)〜9月23日(木宿)→6連休
【4】9月18日(土)〜9月26日(日)→9連休

【4】は9連休なのでそこそこ長く休めますね。

というわけで、ざっくり4パターンを紹介しました。

これからシルバーウィークの予定を立てたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました