文章を校正するときの3つのチェックポイント

こんにちは、大西です。

今回のテーマは、「文章を校正するときの3つのチェックポイント」です。

分かりやすい文章にするためには、読む人の気持ちになって、じっくり確認する作業が欠かせません。

これから文章を校正する方は、ぜひご覧ください。

あいまいな表現になっていないか

文章を読んだときに、あいまいな表現のせいで、書いた人の意図が伝わりづらくなっていないでしょうか。

もしあいまいな表現が見つかったら、言葉を置き換えたり、付け加えたりすることで、改善していきます。

特に形容詞が頻繁に出てくると、読む人にぼんやりとした印象を与えがちです。

形容詞を動詞に変えることで、読む人に与えるぼんやりとした印象を、くっきりとした印象に変えることができるかもしれません。

偏った主張になっていないか

文章を読んだときに、書いた人の偏った主張のせいで、説得力が弱くなっていないでしょうか。

もし明らかに偏っている表現が見つかったら、客観的な言葉に置き換えていきます。

例えば、数字を使ったり、事実をていねいに伝えたりすることで、主観的な印象を排除して、説得力を上げることができます。

ネガティブな表現になっていないか

文章を読んだときに、ネガティブな表現のせいで、読む人を嫌な気持ちにさせる可能性はないでしょうか。

もしそういった否定的な表現が見つかったら、前向きな言葉に置き換えたり、表現をぼやかしたりして、相手に与える印象を変えていきます。

人によって考え方や捉え方が異なるため、ちょっとしたネガティブな表現が誰かを傷つけるかもしれません。

というわけで今回は、「文章を校正するときの3つのチェックポイント」を紹介しました。

これから文章を校正する方は、ぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました