本のサイズ(判型)9選…四六判、B6判、A5判などを紹介

こんにちは、大西です。

今回のテーマは、「本のサイズ(判型)9選…四六判、B6判、A5判などを紹介」です。

本を作るときは、なるべく早い段階でサイズ(判型)を決めなければいけません。

四六判、B6判、A5判など、本のサイズをまとめてみました。

これから本を作る方は、ぜひご覧ください。

四六判(127×188mm)、B6判(128×182mm)

単行本でよく使われているサイズです。

(サイズが似ているので、まとめて紹介!)

もし単行本を作る場合は、このサイズから検討するといいでしょう。

A5判(148×210mm)

学術書や教科書、ビジネス書で使われています。

最初に紹介した四六判やB6判よりも一回り大きいサイズです。

サイズが少し大きいので図表を入れやすいのが特徴です。

菊判(150×220mm)

単行本で使われています。

A5判よりも少し大きいサイズです。

A4判(210×297mm)

写真を大きく見せたいときに最適なサイズです。

写真集でよく使われています。

AB判(210×257mm)

雑誌に使われているサイズで、A4判よりも天地が短いのが特徴です。

257mmというのはB5判の長辺と同じ長さです。

B5判(182×257mm)

週刊誌や雑誌に使われていて、A4判よりも天地・左右ともに短いサイズです。

週刊文春がこのサイズですね。

A6判(105×148mm)

文庫本のサイズです。

新書判(103×182mm)

その名のとおり新書のサイズです。

というわけで、今回は本のサイズ(判型)を紹介しました。

本を作るときは、なるべく早い段階でサイズ(判型)を決めなければいけません。

これから本を作る方は、ぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました