見出し・小見出しの使い方…文章の間に意識して入れよう

こんにちは、大西です。

今回のテーマは、「見出し・小見出しの使い方…文章の間に意識して入れよう」です。

これから長めの文章を書く方や、本やパンフレットを作る方には、見出し・小見出しを意識して使うことをおすすめします。

見出し・小見出しの使い方

本棚に入っている本の中から、読んでいて心地の良い装丁デザインを探してみました。

どうやら以下のような特徴があるため、心地良さを感じるようです。

  • 見出し・小見出しが程良く大きい。小さくない。
  • 本文が程良く大きい。小さくない。
  • 程良い行間。詰まっていない。
  • 紙が落ち着いた色。テカテカしてない。真っ白じゃない。

そして、程良い大きさの見出し・小見出しが、程よいバランスで散りばめられていました。

編集者が著者から原稿を受け取った後、原稿を読んで、見出し・小見出しを入れているのだと思います。

心地良さを感じた本のページ構成

ページ構成は以下のようになっていました。

  • 扉 本のタイトル、著者名、出版社名
  • 導入文
  • 目次扉 本のタイトル(最初の扉とは異なるデザイン)
  • 目次
  • はじめに  タイトル
  • 本文
  • ★見出し
  • 本文
  • ★見出し
  • 本文
  • ★見出し(……この繰り返し)
  • 扉 第1章  タイトル
  • ★見出し(時々小見出しが入る。以下同)
  • 本文
  • ★見出し
  • 本文
  • ★見出し
  • 本文
  • ★見出し(……この繰り返し。途中に図が一つ入る)
  • コラム
  • 第2章〜第6章も第1章とほぼ同じ
  • おわりに タイトル
  • 本文
  • ★見出し
  • 本文
  • ★見出し
  • 本文
  • 著者プロフィール、制作スタッフクレジット
  • 奥付 書名、発行日、著者名、発行者、発行所、印刷・製本、ISBN

最後に

「はじめに」、各章の本文、「おわりに」、このすべてにおいて見出しがいくつか入り、小見出しもところどころに入っていました。

やはり、長い文章がだらだら続くと、途中で読む気が失せてしまうかもしれません。

そのため、本を手に取った人が続きをもっと読みたくなるように、程良い間隔で見出しを入れて、場合によっては小見出しも入れておいたほうが良さそうです。

というわけで今回は、見出し・小見出しの使い方について解説しました。

これから長めの文章を書く方や、本やパンフレットを作る方には、見出し・小見出しを意識して使うことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました