インスタグラム縦長画像のサイズ・比率

Instagram

インスタグラムで縦長の画像を投稿するときのサイズや比率を紹介します。

  • 幅「1080ピクセル」以上
  • アスペクト比「4 : 5」

という2点を意識して画像を用意します。

インスタグラム縦長画像のサイズ 幅「1080ピクセル」以上

インスタグラムで写真を投稿する場合、可能な限り高い画質(最大幅「1080ピクセル」)でアップロードされます。

できるだけきれいに見せたい場合は、写真の幅が「1080ピクセル」より小さくならないようにします。

まずは、最新バージョンのインスタグラム・アプリを使用しているか確認します。もし最新のものではなかった場合は最新バージョンをダウンロードします。

次に、アスペクト比が「1.91 : 1」~「4 : 5」の間で、幅が「1080ピクセル」以上の写真をアップロードします。

インスタグラム縦長画像の比率 アスペクト比「4 : 5」

ちなみにアスペクト比「1.91 : 1」というのは横長で、アスペクト比「4 : 5」というのは縦長です。

iPhoneの写真アプリでは「4 : 5」(横4、縦5)にトリミングができます。

最近の一眼レフカメラやスマホで写真を撮ると画質がじゅうぶん高いので、縦長の写真を投稿したい場合は「4 : 5」の比率にトリミングするだけで大丈夫です。

以上、インスタグラム縦長画像のサイズ・比率を紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました