インスタグラムで縦長の写真が切れるときの対処法

こんにちは、大西です。

編集の仕事をかれこれ17年ほど続けています。

仕事でインスタグラムのアカウントを4つ運用しています。

今回のテーマは、「インスタグラムで縦長の写真が切れるときの対処法」です。

  • 縦長の写真をアップしたい。
  • なのに画像が切れてしまう。
  • 写真全体を見せたい。

という方のために、対処法を紹介します。

インスタグラムで縦長の写真が切れるときの対処法

手順はこちら。

  1. 縦長の写真を用意する。
  2. いつものように「+」を押して写真を選ぶ。
  3. 写真をダブルタップする。
  4. もう一度写真をダブルタップする。
  5. 拡大されて全体が入るようになる。

ポイントは、ダブルタップを2回続けることです。

覚えてしまえば、とても簡単ですね。

追記:それでもインスタグラムで縦長の写真が切れるときの対処法

追記です。

ダブルタップしても上と下が少し切れてしまうことがありますね。

そういう時は写真をトリミングして、比率を10:8にしてみてください。

縦が10、横が8です。

これより縦長の比率だと上と下が切れてしまうようです。

iPhoneを使用している方は、以下の方法で10:8の画像が作れます。

  1. 「写真アプリ」を立ち上げる
  2. 写真を選択する
  3. 右上の「編集」ボタンをタップ
  4. 下の「四角いマーク」をタップ
  5. 右上の「四角いマーク」をタップ
  6. 「縦長マーク」を選択
  7. 比率「8:10」を選択
  8. 右下の「チェックマーク」をタップ

Macを使用している方は、以下の方法で10:8の画像が作れます。

  1. 「写真アプリ」を立ち上げる
  2. 写真を選択する
  3. 「編集」ボタンをクリック
  4. 「切り取り」ボタンをクリック
  5. 比率「8:10」を選択
  6. その下のほうにある「縦長マーク」を選択

この記事の後半に紹介するインスタグラムのアカウントでは、比率を10:8にしていて、上と下は切れません。

正方形から縦長にしたら見た目の印象が変わった

最近は特に、横長や正方形ではなく、縦長の写真を載せることにメリットを感じています。

というのも、ほとんどの人はインスタグラムをスマホで見ています。

そして、だいたいの人がスマホを縦にして見ていますよね。

ということは、自然と画面も縦長になります。

特に人物の写真をアップしたときに、縦長の写真だと大きく見せることができるので、見た目の印象がかなり変わるんですよね。

実際に縦長で載せてみました

弊社で運用しているアカウントを見ていただくと、その違いがよく分かります。

以前は正方形にしていましたが、最近はほぼ縦長ばかりです。

縦長にすると、サッカー選手の表情がよく分かります。

SHONAN BOOK 公式/全ページ、湘南ベルマーレ(@shonanbook)

人物以外の物や風景でも、スマホの画面いっぱいに写真を表示できるので、縦長はおすすめです。

インスタグラムの写真は正方形じゃないとだめ、ってことはありません。

ぜひ試しに縦長の写真を載せてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました